ス ポンサードリンク

スポンサードリンク

2008年12月14日

篤姫(50) 終 「一本の道」

一緒にテレビみましょう?
今晩はこれです。

008/12/14 20:00〜21:10   NHK総合

篤姫(50) 終 「一本の道」

今日は生まれて初めて浪曲を聞きました。
勿論テレビ録画ですが。
「赤垣源蔵 徳利の別れ」 国本武春,(曲師)沢村豊子
「甚五郎のうち 天王寺の巻」 東家三楽,(曲師)渡辺京子 (柝)富士路子

幕末や江戸時代に興味を持てたこと「篤姫」に感謝します。このドラマを一年欠かさず見たことで浪曲を聞く素地が出来たかと思います。
テレビは字幕が出るように設定してありますので、驚くほどよく理解できました。

以前はたまに浪曲がラジオから流れることなどあっても、気にも留めずBGMにしていましたから、大変な進歩・・・・・老人化・・・・・?
これからは番組をチェックして、浪曲を逃さないようにしなくては。

国本武春


【原作】宮尾登美子,【脚本】田渕久美子【出演】宮崎あおい,瑛太,小澤征悦,原田泰造,堀北真希,樋口可南子,岡田義徳,ともさかりえ,高畑淳子,高橋由美子ほか
江戸城を出た天璋院(宮崎あおい)は、平穏な日々を送っていた。そんな天璋院を、薩摩からお幸(樋口可南子)が訪ねてくる。これまでの苦労をねぎらうお幸に、天璋院は「母の教えのおかげ」と、感謝の言葉を告げる。そして月日は流れ、成長し婚約の決まった家達(吉武怜朗)の祝いに、滝山(稲森いずみ)ら大奥の面々が天璋院の家に集まる。大奥を出た後のそれぞれの人生を聞き、天璋院は満足そうにほほえみ、写真に収まる。
出演 【出演】宮崎あおい,瑛太,小澤征悦,原田泰造,堀北真希,樋口可南子,岡田義徳,ともさかりえ,高畑淳子,高橋由美子,原田夏希,稲森いずみ,山口祐一郎,片岡鶴太郎,北大路欣也,【語り】奈良岡朋子(ヤフーテレビガイドより)

日本語は美しいですね。
英語や、仏語ペルシャ語をかじりましたが、極めたわけではないので言えることは、日本の国のなかでは日本語がきわだって美しい、特に季節の変わり目の自然との関わりの中で・・・・歳時記を読むときなどそれを確信します。

なのに私たちの話し言葉、麻生太郎を筆頭に、まこと勿体ない使い方をしています。
ノーベル賞の受賞の方々さえも、帰国して感想を問われても、これと言った印象的な言葉で語る場面は見られず・・・・・寂しいような・・・・・もっと弾んだ言葉や・・・・・奥深いニュアンスを・・・・・期待していました。
学問の分野を越えて、学者は皆優れた日本語の使い手であるべきかと・・・・

昔、麻布周辺で、奈良岡朋子さんを見かけたことがありました。仕事の帰りだったのでしょう、立ち姿がすっときれいでした。この方が陰で「篤姫」を支えていたのでした。
最終回に改めて
「有難うございました。」

奈良岡朋子




posted by harunatuakifuyunoai at 18:27 | 国内ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。